業種別で見る、
会社案内・パンフレット制作のコツ

製造業系の会社案内・パンフレット

会社案内は堅実なイメージの中にも、分かりやすさが重要です。何を作り、何が強みなのかなど、伝えるべき会社の特長をしっかりアピールし、信頼感を与えることが大事です。
製品パンフレットの場合、製品の写真・特長・スペックを分かりやすく配置し、競合との違いをしっかり打ち出します。

IT系の会社案内・パンフレット

業界の特長として、サービスを説明しにくいという問題点があります。
それを解決するためには、サービスを分かりやすいイラストやチャートにすると良いです。
ただし業界イメージを保つために、シャープさも必要です。

人材紹介系の会社案内・パンフレット

クライアント様や訪問先で使う場合や、会社案内で使う場合など、用途はさまざまです。
そのため、ポケットフォルダタイプにし、ペラのバリエーションを増やすのがおすすめ。
また、「人材」を対象としているため、信頼感を与えるデザインが大事です。

教育系の会社案内・パンフレット

幼稚園から大学、予備校などで、使用する対象は多様です。伝えるべき対象をしっかり捉え、内容も精査しなくてはいけません。
見た方がよりイメージしやすいように、校内や人物写真を多く取り入れることで、安心感も与えられます。

医療系のパンフレット

清潔感のあるイメージも保ち、院内設備を写真付きでしっかり公開。
対象が女性なら優美さ、高齢者なら見やすさなど、対象を考えたイメージが効果的です。

不動産系のパンフレット

マンションや戸建ては高額な商品です。そのため、書体やカラーなどは高級感のあるものが好まれます。また内部・設備・見取り図などの情報はしっかり掲載することが大切です。

飲食・宿泊系のパンフレット

配布や陳列、持ち運びが便利な三つ折りタイプがおすすめ。コンパクトに情報をまとめた上で、アピールすべきポイントを打ち出します。店舗のコンセプトを大事にしたデザインで、イメージを膨らませることも大事です。

このページの上部へ