必ず役立つ!
会社案内・パンフレット制作の3つコツ!

その1 小部数で作り、常に最新の情報を!

印刷費が安くなるからといって、はじめから大量に作ることはおすすめしません。せっかく作ったっものを余らせてしまう可能性もあるからです。また、会社案内は会社の顔、パンフレットは大事な営業ツールとしての役割があります。常に新しい情報を発信するために使い切れる数だけ作り、必要に応じて更新・改訂を繰り返すことで、いつまでも使い続けられるものを作ることが大事です。

その2 作ると決めたらすぐ作る!

情報が古くては、作る意味がありません。それは「新鮮な情報=魅力的な情報」だからです。時間をかけすぎて、パンフレットが完成した時は、伝えたいことに新鮮さがなくなっている場合があります。「その1」でも記したように、スピーディーに対応するとともに、常に更新することで競合他社との差別化が図れます。

その3 載せる情報を絞る!

せっかくお金を出して、パンフレットや会社案内を作るのですから、あまりなく情報を載せたい気持ちは分かります。しかしそれは制作側のエゴです。本当にアピールすべきポイントを絞ることで、お客様により伝わりやすくなります。

少し遠回りするくらいが、一番の近道!

会社案内やパンフレットを作るとなると、誰もが気合いを入れ、ずっと使える最高のものを作りたいと思うはずです。そのハードルの高さから、なんとなくまだ作れていない方もいるのではないでしょうか。最高のものを作るという気持ちはもちろん大事です。しかし、最初から目指すのではなく、上記に記した「3つのコツ」を実践し、まずは作ることが第一です。実際に作り、使っていくことで、改善点が見つかり、徐々に最高のものが出来上がっていきます。

このページの上部へ